食べもの飲みものの最近のブログ記事

この週末、新潟県上越市高田にある「とんかつの梅林」を、15年ぶりくらいに再訪した。

高田は大学時代の友人の地元で卒業後になんどか遊びに行ったことがあり、その際に呑んだあとの締めとして必ず食べていたのが、梅林のかつライスだった。その後、お互いに結婚して子供もできて、最近は遊びに行く機会もめっきりなくなってしまっていたが、梅林の、雪国の地方都市である高田の街並みと調和したちょっと暗めのレトロな店内と接客のおばあちゃんの雰囲気、そして独特の風味と軽い食感のとんかつが癖になる味わいで、ことあるごとに思い出しては、また行きたいと考えていた。ブログやらツイッターやらでもときおり「梅林のとんかつ食いたい!」などとつぶやいていたのだが、そんなおれの魂の叫びをよっちさんにしださんが拾ってくれて、モコちゃんも加えた4名で梅林のとんかつを食べに高田まで行くことになった。しかしみんなもの好きだよな。

2012061102.jpg

土曜日の午後4時くらいに東京を出発して、高田に着いたのは20時過ぎ。万が一店がつぶれてたりしないか事前にネットで調べてはいたけど、梅林の看板が見えたときには正直ほっとした。おれの記憶よりはちょっと明るめの店内に入り、15年前にはいなかった若いおにいさんにかつライスを注文。はじめに出てきたコンソメスープをひとくち飲んでその深い味わいに、梅林の味がおれの思い出補正では決してなかったと実感する。

2012061101.jpg

続いてサラダと漬物、そしてとんかつとライスが登場。まさに思い出のとおりの懐かしい味と風味で大満足。友人たちにもおおむね好評のようで、こちらもうれしい限り。遠くまでつきあってもらってありがとね。

そしてうれしかったことがもうひとつ。食べログのレビューで接客担当が「以前は魔法を使えそうな雰囲気のある女性」だったと書かれていて、おれが覚えているおばあちゃんのことだと思うんだが、その書きっぷりからもしかしておばあちゃんはもういないのかも......、と心配していたんだけど、厨房の中で元気に働いているのが見えた。おばあちゃん、次に行くときにも元気でいてね。

2010050501.jpg

ずいぶん間が空いたけど、香港みやげ紹介その2、クノールの金華火腿味雞湯粒。いわゆるコンソメスープの素みたいなもんなんだけど、金華豚の風味がしっかり出てすんごいうまい。日本でも売ってくれたらうれしいんだけどなあ。ふじむらさん、こんど日本に来るときのおみやげはこれでひとつよろしく!

2010050401.jpg

GWの香港旅行のおみやげ紹介その1、「徳成號」のエッグロール。オリジナル/バター/ココナッツの3種類の味がある。いまかなり大人気らしく、4月中旬に香港在住の友人にお願いして予約の電話をしてもらったが、予約は5/11までいっぱいと言われてしまった。半分あきらめていたんだけど、友人がお店に何度も足を運んで全種類買っておいてくれた。ともちゃんホントありがとう! で、これを日本に持って帰ってくるのもけっこうたいへんだった。エッグロールは柔らかくてくずれやすいので持ち運ぶときも振動を与えないように慎重に。飛行機でもとうぜん機内持ち込みだ。しかもこれ、スチールの缶に入っていてけっこう重いんだよね。そんな苦労の末になんとか無事にたどりついた貴重なエッグロールの、オリジナル味が上の画像。ほんのり甘い素朴な味で、おいしかった。けっこう大量に買ったので食べきるか心配だったけど、食べ始めるとパクパクいっちゃうし、賞味期限もそこそこ長いので、知り合いにおみやげとして配ったりするぶんもあわせたら、ちゃんと食べきることができそうだ。とうぶんお茶菓子には困らない感じだけどね。

冬が近くなってきたら、またしても「日生 牡蠣祭り」というキーワードで検索してくる人が増えてきたので、おれが調べといてやったぜ。岡山県備前市のWWWサイトによれば、来年のひなせかき祭りは平成22年2月28日(日) 9:00~15:00だ。先着2,00名には「殻付きかき無料サービス」もあるみたいだよ。

正確には禁ビール中。年末から正月を越して1月いっぱいくらいまでの暴飲暴食がたたって体重が増加してしまったことと、ちょっと胃が荒れてしまったのかにぶい痛みが続いたこともあり、2月はじめから禁酒している。それでもたまに日本酒をちょっと飲んだりはしてしまっているのだが、おれの場合ふだんはもっぱらビールを飲んでいて、その炭酸が胃には刺激がきついので我慢しているってのがおおごと。この一ヶ月でお酒を飲んだのは3回かな。胃の調子もだんだんよくなってきたので、そろそろビールを解禁しようかな。でも、体重がまだ戻ってないんだよなあ。うん、やっぱりもうしばらくはがまんしよう、そうしよう! がんばれおれ!!

2009020601.jpg

史ぬの?

我が家の駅弁の定番といえば、ずいぶん長いあいだ新潟のひらめずしだった。越後湯沢にスキーに行った帰り、新潟駅発の新幹線に乗り、車内販売でひらめずしを買って食べながら帰るのがお決まりだったのだが、いつのころからか販売されなくなっていた。調べて見たら、原材料の入手が困難になったために製造中止になってしまったらしく、かなりがっかりしたものだった。そんなときにみつけたのが、この笹巻きえんがわずし。ひらめよりもやや癖があるえんがわは脂もたっぷりのっていて、もうすっかりとりこに。実は仙台には行ったことがないんだけど、このえんがわずしは東京駅の地下、銀の鈴の近くにある駅弁屋 極で購入できるので、東京駅を利用する機会があるたびに買ってきて食べている。もうホントにうまくて大好きなので、頼むから発売中止とかにならないでほしい。ホントに頼むよっ!

2009020501.jpg

氏ぬの?

というわけで、青柳総本家のカエルまんじゅう。むかしはこけもも餡だったのだが、いつのまにか普通のこし餡になっている。いつからだろ? 知ってる人がいたら教えてください。

かみさんが日生で買ってきた牡蠣を貪り食ったという記事を書いたら、「日生 牡蠣祭り」というキーワードで検索してくる人が増えた。おそらくは今年の牡蠣祭りの日程が知りたいのかな、と思うんだが、おれの記事はその役にはたたずなにか申し訳ないので、日程を調べて見た。岡山県のWWWサイトによると、今年の日生の牡蠣祭りは2月22日らしい。日生以外の赤穂線沿線の牡蠣祭りの情報も記載されているので、皆さんどうぞ楽しんできてください。

2009010701.jpg

年末年始に里帰りしていたかみさんと子どもが昨夜帰ってきた、大量の牡蠣とともに。そんなわけで昨日、今日と牡蠣をむさぼり食っているよ。ちなみに今回の牡蠣は、岡山県備前市の日生町というところで買ってきたものらしい。日生は牡蠣の養殖が盛んで、カキオコなる食べ物も強力売り出し中、これもうまかったらしい。う~む、うらやましい。

(2009/01/16追記)

「日生 牡蠣祭り」で検索してくる方が多いので調べて見たところ、今年の日生の牡蠣祭りは2月22日だそうです。どうぞ楽しんできてください。

2008121201.jpg

こちらも久しぶりの山水。パウダー状の塩が天ぷらによくついて、うまいなあ。

2008120801.jpg

骨折して右手で箸が使えなかったのでしばらくご無沙汰だったが、添え木もとれたので久しぶりに一休を訪ねる。ランチタイムにミニ野菜天丼と蕎麦のセットをはじめたんだね。ランチセットをやってる山水を意識してるのかな? おれは別に蕎麦屋にご飯ものは期待しないからランチセットは無くていい、というか無いほうが潔くていいと思うな。

08100401.jpg

今日のお昼は手打ち蕎麦 一休で天せいろ。鰹節の香りが豊かなつけ汁が天ぷらにあうね。やっぱり昼から一杯やりたくなるよ。せいろに関しては、もうちょっと歯ごたえがあったほうがおれ好み。不定期メニューの田舎せいろくらいがいいな。

2008100101.jpg

今日のお昼は手打ち蕎麦 山水で天せいろ。今日の蕎麦は長野産とのこと、香りが豊かでおいしかった。天ぷらもサクっと軽い食感。ついてくる塩がパウダー状になっていてこれが天ぷらによくあう。仕事じゃなかったら一杯飲みたいよ、ホント。

2008092302.jpg

下町散歩の途中、南千住の砂場総本家に立ち寄った。砂場があるジョイフル三ノ輪商店街はおれの生家から近く、商店街のすぐ脇に親戚の家もあったりして小さい頃からよく来ていたけど、ここで蕎麦を食べるのは初めて。まあ、小さい頃は蕎麦なんてうれしくなかったからね。店のたたずまいは歴史を感じさせる趣のある作り。店に入っておおもりを頼む。出てきた蕎麦は...、う~ん、これはなんと言ったらいいんだろ。最近の水切りがよく角がシャキっとたった蕎麦と比べると、水っぽくてやわらかく、なんというか、ホント普通の蕎麦。薬味のネギもちょっとしょぼい感じでワサビも粉ワサビと、いろいろと物足りない。ただ、蕎麦湯はトロっとした濃い目でおれ好みだった。総じていろんな意味で時間が止まった昔のままの店なのかな、という印象だった。

08091101.jpg

亀戸に一年ちょっと前にできた新しいお店、手打ち蕎麦 山水。ずっと気になっていたんだけどなかなかタイミングがなくて、最近になってようやく何度か訪れることができた。清潔感のある明るい店内、黒板にはその日の蕎麦の産地が書かれている。これまでにせいろ、荒びき(写真)、天せいろを食べたけど、蕎麦はやや太めで咬み応えがあり、なかなかおいしかった。蕎麦湯はいわゆるポタージュ系で、これもおれ好み。ただ、薬味のネギがちょっとだけ辛いというか臭みが気になるときがあったな。まあ、どうせネギは蕎麦と一緒には食わんからいいんだけど。そうそう、お酒とおつまみメニューもなかなか魅力的なので、今度はぜひ夜にも行ってみたいな。

山水は前に書いた一休とは亀戸駅をはさんで反対側に位置している。比較的オーソドックスな蕎麦と蕎麦湯の一休に対して、最近の蕎麦屋的な個性を出している山水と、対称的な印象の両店。どちらが上とか下とか野暮なことは言わず、うまい蕎麦を食える店が増えてきていることを素直に喜びたい。

うむ、一休の今日の田舎せいろは美味かった。歯ごたえもあり、蕎麦の香りがよく出ていた。すばらしい!

最近のコメント

アイテム

  • 2012112507.jpg
  • 2012112506.jpg
  • 2012112505.jpg
  • 2012112504.jpg
  • 2012112503.jpg
  • 2012112502.jpg
  • 2012112501.jpg
  • 2012100810.jpg
  • 2012100809.jpg
  • 2012100808.jpg