Let's Encryptを使ってhttpsにしました。まったく更新してないけど、https化しておかないといろいろ問題ありそうなので。 そのうちまた更新する...かな。

三連休最終日の11/25、静岡県静岡市の大谷崩れに行ってきた。

メンバーは、例によってのよっちさんにしださんモコちゃんは体調不良のため不参加。このメンバーでの旅は、新潟県上越市のとんかつ梅林長野県大町市の高瀬ダムに続いて三度目。前日夜ににしださん家に集合して早朝に車で出発。いつものことながら運転ごくろうさまです。というわけで、ここからは写真とキャプションでどうぞ。

2012112501.jpg

新東名高速道の駿河湾沼津SAにて日の出を拝む。いい天気になりそうでよかった。

2012112502.jpg

安部川沿いを遡り大谷崩れのふもとに到着。画像の中央やや左にある崩壊した斜面をこれから登るわけだ。帰りたい......。

2012112503.jpg

スタートしてしばらくは緩やかな斜面だが、途中からはかなりの急斜面となる。足場も悪い。帰り道にここを下るのかと思うとうんざりする。帰りたい......。

2012112504.jpg

登ってる途中、写真奥の斜面で落石が発生。いちばん大きい石はラグビーボールくらいはあったかな。安全な場所から見ていたとはいえ、もし自分たちの上の斜面であれが起きたらと思うとぞっとする。帰りたいよママン......。

2012112505.jpg

これは坂じゃない。壁だよ......。

2012112506.jpg

大谷崩れを登りきり尾根線に出る。風が吹き抜けてめちゃくちゃ寒い。今回はここからさらに歩いて大谷嶺を目指す。

2012112507.jpg

尾根線を30分ほど歩いて大谷嶺に到着。標高2,000m。2,000年1月1日に設置された記念碑があった。

登頂後は、大谷嶺で昼飯を食べてしばし休憩してから、来た道を引き返して帰ってきた。崩れの斜面では、小さい石は歩くたびにガラガラと崩れるわ大きな石は浮いていてグラグラするわで、神経をすり減らしながら歩いた。下りきったときには膝がガクガクだったよ。

登山のあとは温泉によって疲れを癒し、三連休最終日の渋滞にはまりながら(おれは後席で寝ていたが)帰ってきた。しかし、新潟に行ったときはほとんど車に乗ってるだけだったのが、長野は起伏は少ないとはいえ山道を6時間以上歩かされ、今回にいたっては700m近い標高差を一気に登って一気に下るという、けっこうガチな登山だった。おれ以外のメンバーは前から山登りしてる人たちだからいいけど、おれは使い慣れない筋肉を酷使したために、2日後くらいからけっこうな筋肉痛に苦しんだ。太腿の前側が特に痛くて膝の支えがきかず、生まれたての小鹿のように足がブルブル震えて、おかげで会社を一日休んじゃったよ。そんなこんなで、比較的短時間の割りに充実度の高い山行きだった。これでもうとうぶん山はいいかな(^^;;

10/7,8の2日間、長野県大町市の高瀬ダムと、その先の湯俣温泉を訪ねる旅に行ってきた。

メンバーは、6月に新潟とんかつツアーを行ったのと同じ4人組(よっちさんにしださんモコちゃん、おれ)。そもそものきっかけは......、めんどくさいので、他の方々のブログを読んでね。10/7は移動日で木崎湖キャンプ場のバンガローに宿泊。大量の酒と食い物を持ち込んで、日付が変わるくらいまで宴会して就寝。

翌日がメインイベントのダムツアー。ここからは写真とキャプションでお楽しみください。

2012100801.jpg

6時に起床。早朝の木崎湖は静かで、湖面に薄く靄がたちこめており美しい。だがここはアニメ「おねがい☆ティーチャー」の舞台となった、いわゆる聖地である。このキャンプ場にも痛車に痛バイクがたくさん来ており、アニメキャラがプリントされた抱き枕を抱えてオタクたちが朝っぱらからうろついているのだ。

2012100802.jpg

大町市から高瀬川を遡ると最初に現れるのが大町ダム。この先、自家用車で行けるのは七倉ダムの先の駐車場までで、その先はタクシーまたは徒歩。我々は先を急ぐ身ゆえタクシーに乗車。

2012100803.jpg

日本最大のロックフィルダムである高瀬ダム。おれがいままで見た中でいちばん好きなダムは同じくロックフィル式の南相木ダムだが、南相木ダムは純白の石が敷き詰められて息を呑むほどに美しいのに対して、高瀬ダムは黒ずんだ巨岩が並ぶド迫力っぷり。タクシー移動の途中で写真を撮る時間がほとんどなかったのが残念。

2012100805.jpg 2012100804.jpg

高瀬ダム調整湖沿いを歩いてさらに上流を目指す。ダムから湯俣温泉までは徒歩3時間の道のり。高瀬渓谷は紅葉の名所だが、この旅ではまだぜんぜんだった。ダム湖はあざやかな緑色で、紅葉に映えるんだろうなぁ。

2012100806.jpg

半分くらいまでは舗装された林道、その先は未舗装の山道をひたすら歩く。川沿いなので起伏はほとんどないが、いかんせん長く、そして単調。

2012100807.jpg

ダムから南下し続けて川が西向きに変わるところが湯俣温泉で、晴嵐荘という山小屋がある。ひとまずそのまま進み、その先にある天然記念物「噴湯丘」を目指す。途中に小さなダムというか堰堤(高さ15m以上じゃないとダムを名乗れない)があり、(このあと出てくる七倉ダムを含めて)これをもって高瀬川ダム四天王が完成した。

2012100808.jpg

これが噴湯丘。まさにおっぱい。このあたり川沿いのいたるところから温泉が噴出しており、硫黄のにおいがたちこめている。冷たい川を渡って近くまで行ってみたが、先っぽからお湯がピュッピュと出ていて、まさにおっぱい。

2012100809.jpg

晴嵐荘まで戻って遅めの昼食。白ラーメンという名の塩ラーメン。ちょっとぬるかったけどおいしかったよ。このあと、来たのと同じ道をひたすら歩いて引き返し、高瀬ダムからはまたタクシーに乗って七倉へ戻り、七倉山荘で温泉に入ってから帰路に着く。

2012100810.jpg

帰り道の途中、行きで飛ばしてしまった七倉ダムに立ち寄る。高瀬ダムと同じロックフィルダムで大町ダムよりもでかいのだが、2つのダムに挟まれて全く目立たない、かわいそうなやつ。だけどおれにはわかるぜ、お前の気持ちが。なぜならおれも......。

てな感じで、今回は前回の新潟とは違って山歩き(平地だけど)が中心のけっこう疲れる旅だった。帰りの電車では疲れで爆睡してあやうく寝過ごすところだった。あと、新しく買った靴がまだ馴染んでなくて足の指先が痛くなり、帰ってから確認したら右足薬指の皮がずるむけていた。同行してくれた皆様、これに懲りずにまた旅に誘ってください。

2012062901.jpg

1年7ヶ月使い続けてきたIS03に見切りをつけて、というわけではないが、同じシャープから発売された新機種であるAQUOS PHONE SERIE ISW16SHに機種交換した。

IS03のときは発売前からテンション上がってて、発売一ヶ月以上前に予約して、それでも発売当日には入手できないくらいだったが、今回はそんなことはなく、IS03にさして大きな不満があるわけでもないことから、今年の秋冬モデル以降までは機種交換はしないつもり、だったんだけど......。そんなおれを迷わせたのが、auから送られてきた、いま機種交換すると毎月割の残額に相当する10,500円を割り引くという、IS03/IS04利用者向けの乗り換えキャンペーン。新機種についてちょろっと調べてみたりして、ISW16SHの発売2日前に錦糸町ヨドに行ってとりあえず予約した。それでも、自分にまわってくるのは7月かな、それまで評判を確認してダメっぽかったら今回は見送ろう、と思っていた。ところが、最近は予約してまで買う人って少ないのかな、発売当日に入手できるとのことで、え~いならばおれ自らが評判が確かめてやろう! ということになったわけだ。価格は、本体が75,600円に2年未満の機種交換だと1,050円プラス、そこからクーポンぶん10,500円が引かれて、さらにauのポイントとかヨドのポイントを利用して、けっきょく43,000円くらいだったかな。毎月割は1,575円x24ヶ月だった。

本体といっしょに買ったものは、ASDECのノングレアタイプのディスプレイ保護フィルム。保護フィルムはASDECが鉄板でしょ。ホントは光沢があるほうが好きなんだけど、IS03使用時に指紋というか脂が気になったので、今回はノングレアにしてみた。それと、IS03につけていたフィンガーストラップを移植。卓上ホルダが付属しているのでケースはつけないことに。しばらくは裸族で行きます。

2012061201.jpg

お店の人たちが話していたとおりのタイトルにしてみました(^^;;

高田でとんかつを食ったあとは、そのまま高田駅前のビジネスホテルに泊まり、翌日は高田城址公園上越市立博物水族館、最後は岩の原葡萄園と、上越市の名所を堪能する楽しい一日を過ごした。画像は水族館前の食堂「見晴らし亭」にいた、生後一ヶ月の赤ちゃんネコ。人懐っこくてホントかわいい。将来の看板ネコとして、元気に大きくなってほしい。

Olympus XZ-1

この週末、新潟県上越市高田にある「とんかつの梅林」を、15年ぶりくらいに再訪した。

高田は大学時代の友人の地元で卒業後になんどか遊びに行ったことがあり、その際に呑んだあとの締めとして必ず食べていたのが、梅林のかつライスだった。その後、お互いに結婚して子供もできて、最近は遊びに行く機会もめっきりなくなってしまっていたが、梅林の、雪国の地方都市である高田の街並みと調和したちょっと暗めのレトロな店内と接客のおばあちゃんの雰囲気、そして独特の風味と軽い食感のとんかつが癖になる味わいで、ことあるごとに思い出しては、また行きたいと考えていた。ブログやらツイッターやらでもときおり「梅林のとんかつ食いたい!」などとつぶやいていたのだが、そんなおれの魂の叫びをよっちさんにしださんが拾ってくれて、モコちゃんも加えた4名で梅林のとんかつを食べに高田まで行くことになった。しかしみんなもの好きだよな。

2012061102.jpg

土曜日の午後4時くらいに東京を出発して、高田に着いたのは20時過ぎ。万が一店がつぶれてたりしないか事前にネットで調べてはいたけど、梅林の看板が見えたときには正直ほっとした。おれの記憶よりはちょっと明るめの店内に入り、15年前にはいなかった若いおにいさんにかつライスを注文。はじめに出てきたコンソメスープをひとくち飲んでその深い味わいに、梅林の味がおれの思い出補正では決してなかったと実感する。

2012061101.jpg

続いてサラダと漬物、そしてとんかつとライスが登場。まさに思い出のとおりの懐かしい味と風味で大満足。友人たちにもおおむね好評のようで、こちらもうれしい限り。遠くまでつきあってもらってありがとね。

そしてうれしかったことがもうひとつ。食べログのレビューで接客担当が「以前は魔法を使えそうな雰囲気のある女性」だったと書かれていて、おれが覚えているおばあちゃんのことだと思うんだが、その書きっぷりからもしかしておばあちゃんはもういないのかも......、と心配していたんだけど、厨房の中で元気に働いているのが見えた。おばあちゃん、次に行くときにも元気でいてね。

2012010101.jpg

あけましておめでとうございます。朝方は雲が多く初日の出はいまいちだったので、初日の入りの画像をば。西側はロケーションがいまいちなんだけどね。では皆様、今年もよろしくお願いします。

Nikon D80 + AF-S NIKKOR 18-135mm 1:3.5-5.6G ED

2011103001.jpg

仕事でお疲れ気味な今日このごろ、友人がネコを飼い始めたので、さっそく癒されに行ってきたよ。友人宅の居間に入ると、二匹のコネコちゃんがソファの上でお出迎え。そばに寄っていくと、警戒して逃げるでもなく好奇心いっぱいですり寄ってくるでもなく、極めて普通に迎えてくれた。生後三ヶ月、赤ちゃんっぽさはもうほぼ無いけど、これからどんどんやんちゃになっていきそうな顔立ち。う~んかわいい! 一匹連れて帰りたくなっちゃうよ。

画像は、ネコじゃらしで遊びつかれたネコたちが寄り添って寝ているときの一枚。まっすぐ並んだり丸く円になったりハート型になったり、ころころ変わる寝相を見てるだけでも幸せな気分になれるね。手ぶれでボケ気味なのはごめんなさい。

2011082701.jpg

例年は7月末に開催されていた隅田川花火大会、今年は震災の影響で開催が危ぶまれたが、一ヶ月遅れの昨日、被災地の復興を目的に掲げて無事に開催された。第一会場の目の前にある台東区リバーサイドスポーツセンターの野球場が市民協賛席として有料(一区画6,000円、5人まで)で開放されており、今回は家族プラス1でこれを利用した。ちなみに台東区はおれの地元で、高校や大学のころは野球場の横にあるテニスコートでテニスに明け暮れてたなぁ。なつかしい......。

会場には花火開始2時間前くらいに到着し、かるく飲み食いしながら暗くなるのを待つ。席は一組ごとのスペースがきっちり区切られており、周りのグループから侵食される心配も無いため、おちついてのんびりと待つことができる。目の前には東京スカイツリーがあり、スカイツリーをバックに花火が見られるか、と期待が膨らむ。そうこうしている間に19時になり花火が開始。もうちょっと左に上がってくれたらスカイツリーといい感じなんだけど、ちょっと残念。とはいえ、今年は東京近郊の花火大会はほとんど中止だし家から近いディズニーランドの花火も自粛中で、見るチャンスがあったほぼ唯一の花火大会ということで、じっくりのんびりと花火を楽しませてもらった。

花火終了後は、混雑必至の浅草方面に向かうのは避け、上流の白鬚橋に向かって歩く。帰りがどれくらい混雑するか、こどもが途中でグズグズ言い始めないか心配してたんだけど、こちらに来る人はそれほど多くなく、車両通行止めになってる車道をのんびり歩くことができて、特にストレスも無く白髭橋に到着。橋を渡った先から都バスに乗って帰ってきた。協賛席の料金6,000円はけっこう高いと感じるが、場所取りに四苦八苦したり人込みにもまれることもなくのんびり花火を楽しめるので、特に家族連れにはおすすめだと思う。来年も申し込んでもいいかな。

OLYMPUS XZ-1

2011080701.jpg

先日の浅草寺の記事の画像、XZ-1のディスプレイで見ると空と屋根がはっきり識別できるくらいの明るさなんだけど、PCに転送して表示したりブログにアップして他のPCやスマホから見ると、あからさまに暗い。参考までに、XZ-1のディスプレイでの見た目の明るさを自分のPCで再現してみた。ガンマ補正の係数1.6くらいかな。撮影するときに気をつけようっと。

2011080101.jpg

仕事が終わり、ちょこっと実家に寄ったあとに浅草に寄り道。浅草は夜が早い町、19時を過ぎるとお店はほとんど閉まっている。浅草寺前も人はまばら。XZ-1のローライトモードで本堂をパチリ。手持ちでこれだけぶれずに撮れたらじゅうぶんだな。

OLYMPUS XZ-1

2011060601.jpg

昨日入手したOLYMUS XZ-1に搭載されているアートフィルター、その中でも話題になっているドラマチックトーンを、夕方の葛西臨海公園でさっそく試してみた。う~ん、ドラマチック......。

OLYMPUS XZ-1

2011060501.jpg

OLYMPUS XZ-1を購入した。これまでメインで使用していたコンデジはCONTAX SL300RT*で、これはこれで気に入っているんだけど、そもそも古い機種でいろんなスペックが今となっては低いとか、広角側がもうちょい欲しいとかの不満もあり、そろそろ新しいコンデジが欲しいと思っていた。そろそろボーナスも出るので、いろいろ調べて候補をXZ-1とNIKON COOLPIX P300に絞り、カメラ屋で展示品をいじりまわしてみた。製品としてのトータルバランスはP300のほうがいいように思ったけど、そのぶんP300はこじんまりとまとめられた感じで、決め手になるポイントが見つけられなかった。それに対してXZ-1は、やはりZUIKOの名を冠したレンズと大型の撮像素子が魅力的で、けっきょくXZ-1に決定した。まあ、P300はXZ-1よりも価格帯が低めの機種だから、本当は同じ土俵で比べちゃいかんけどね。ちなみに購入店舗はヨドバシカメラ、価格は54,800円でポイント20%(10,960円相当)還元だった。実質45,000円を切るくらいならいいかな、と思っていたので、まあいいんじゃないかと購入に踏み切った。いまのところはバッテリを充電しながらちょこっといじっただけで写りや使用感はコメントできないけど、露出優先モードにしてレンズ周りのダイヤルで絞りを変えながら撮影するのが、なんか楽しそう。しばらくはいろいろな機能を試してみつつ、使用感を確認していきたい。

Nikon D80 + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50mm ZF

2011050703.jpg

みどりの日に放送された「土曜マルシェ みどりの日わんにゃんスペシャル」に影響されて、よっちさんと谷中にネコ写真を撮りに行ってきた。小雨が降ったりやんだりで、ネコ撮りにはまったく不向きの空模様の中で出会った、数少ないネコのうちの一匹。木陰で寝ていたんだけど、我々に気づいたら近づいてきて足元にスリスリ、ゴロゴロ転がって毛づくろいを始めた。谷中のネコは餌をもらいなれてるからか、人なつこくていいね。ただ、ふつうの野良ネコを写真に撮るときの、近づけるか逃げられるかの微妙な距離を少しづつ詰めていくあの緊張感が、本来のネコ撮りの醍醐味だと思うけど。まぁなんにせよ、今回はそもそもネコにほとんど出会えなかったので、晴れた日にあらためてネコ撮りに行きたいな。

Nikon D80 + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50mm ZF

2011050501.JPG

昨日、こどもをプール教室に送る際に雨の中を自転車で走ったので、今日はBRUNOちゃんを軽く洗車。しかし、この自転車を買ってから既に2年半。まともなメンテナンスをしていないので、そろそろちゃんと見てもらわないといけないだろうな。というか、買った直後のエントリを見ると、びっくりするくらい綺麗だから、まずはこれくらいまでは綺麗に手入れするのが先だな。

2011050201.jpg

GW4日目の風はちょっと強いがよく晴れた日、上野公園で友人と待ちあわせて台東区、荒川区、足立区あたりを自転車でうろうろと散策した。昼過ぎに舎人公園にたどり着き、近所のスーパーで酒とつまみを買い込んで宴会......ではなくて昼食。午後からは風も収まってきてちょっと暑いくらいの日差しの中、6時過ぎまでまったりと過ごした。ついでに自転車に詳しい友人にじぶんのBRUNOを見てもらい、ちゃんと整備しろと怒られつつ簡単に調整してもらって、帰りは心なしかペダリングも軽くなってとても満足。走行距離はトータル63kmくらいだった。後半ずっと飲んだくれてた割には意外と走ったよね。次回は集合場所を東京のもっと西側にして、ストイックに走り中心の自転車散歩にしたいね。

2011042901.jpg

GW初日、なぎさ太鼓の本拠地であるなぎさニュータウンで鯉のぼり揚げのイベントが行われ、オープニングに太鼓の演義が行われた。今年は震災と節電対応の影響で南江戸川ふるさとまつりも早々に中止が決定したし、夏場のイベントも実施されるかどうか微妙で、演義を披露する機会がどれだけあるか不透明な状況らしい。こんなときだからこそ、みんなが明るい気持ちになれるイベントをちゃんとやって、東北地方の食材をいっぱい使ってついでに義援金の募集でもやったらいいと思うんだけどね。

2011042401.jpg

1月24日にグラムが死んでからちょうど3ヶ月が過ぎた今日、多摩のほうに出かけるついでにグラムのお墓参りに行ってきた。神奈川県川崎市にある平和会ペットメモリアルは、ポチたまのまさおくんも眠るきれいなペット専用霊園。小高い丘の一番上に合同慰霊碑があり、多くの動物たちの御霊といっしょにグラムは眠っている。ここならさみしくないかな。またくるよ、グラム。

gram1.jpg

平成23年1月24日、グラムは永眠しました。13歳でした。おまえがいなくて悲しいよ、グラム。いつまでもいっしょにいたかったよ。

今年のテーマは「人に厳しく」です。優しくしてつけあがられるのはうんざり。自分にとって価値のあるものを見定めて、確実に前に進む一年にします。

最近のコメント

アイテム

  • 2012112507.jpg
  • 2012112506.jpg
  • 2012112505.jpg
  • 2012112504.jpg
  • 2012112503.jpg
  • 2012112502.jpg
  • 2012112501.jpg
  • 2012100810.jpg
  • 2012100809.jpg
  • 2012100808.jpg